リフォームのご相談・お問い合わせはお気軽に 定休日 : 水・日曜日、祝日

本社0120-599-366
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル2階
横浜支店0120-675-500
〒221-0822 横浜市神奈川区西神奈川1-6-1 サクラピアビル5F-E
名古屋支店0120-929-203
〒460-0003 名古屋市中区錦1-7-32 名古屋SIビル9階
関西出張所06-6881-1061
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4 千代田ビル東館7階E

もしも!?の時の住まいの備え

暮らしを守るリフォームポイント

  • 木造軸組物件耐震診断
  • 屋根・外壁・床下点検
無料実施中!お申込みはコチラ

地震、台風など、いつ起きてもおかしくない自然災害に対して強い建物にしておきたいものです。
安心の暮らしを始めるために、我が家にどんな対策が必要か考えてみませんか。

地震対策

CHECK
  • 昭和56年以前、特に昭和46年以前の設計
  • 大きなひび割れがある(建物強度低下の恐れ)
  • 窓が多過ぎて壁が少ない(特に1階の開口部)

対策 1 壁・開口部を補強!

壁・開口部を補強!
床・天井を壊さずに
●耐震ウォール工法

壁の配置、バランスを気にせずに
●耐震開口フレーム

対策 2軽い素材の屋根材で耐震性アップ!

金属屋根重ね葺き事例
アイジー工業 スーパーガルテクトフッ素

Before
After

台風対策

CHECK
  • 天井に雨染みがある(屋根劣化の恐れ)
  • 外壁に亀裂、雨どいから水漏れがしている
  • 雨戸がきちんと閉まらない、雨戸がない

対策 1シャッターで戸締りもらくらく安心!

YKKAP断熱窓
シャッター・雨戸を取付けて安心、快適に

Before
After

対策 2飛散の危険性のある瓦屋根を葺替え!

金属屋根葺替え事例
アイジー工業 ガルテクト施工

Before
After

いいリフォームは、
耐震診断が大事!

木造軸組物件耐震診断は、延床面積200m²まで、2階建住宅及び共同住宅が対象。
その他の工法についてはご相談ください。

5つのポイントで
耐震性チェック

1

昭和56年以前、特に昭和46年以前の設計

昭和56年以前は地震力が小さく設定されていたため、大地震の被害を受ける可能性が高くなります。特に昭和46年以前に設計された建物は、せん断補強筋が少ないうえ経年劣化もあるため、早急に耐震診断をすることをおすすめします。

2

大きなひび割れがある

建物強度の低下の恐れがあります。耐震診断が必要です。

3

立面や平面が不整形

柱や壁、窓の配置がかたよっている建物は、全体のバランスを診断する必要があります。

4

1階が開放的

1階に開口部の多い建物は、大地震の際に被害を受けやすくなります。

5

傾斜地、埋立地に建っている

軟弱地盤の可能性があるため、地盤に関する診断を検討する必要があります。

専門家が現地に赴いて、
耐震診断に必要な
建物調査(一般診断法)を実施します。

現場で必要な
建物調査を実施
  • 図面の確認既存図面と現況を確認
  • 壁の耐力に関する調査可能な限り目視による確認
  • 柱接合部に関する調査可能な限り目視による確認
  • 基礎に関する調査基礎の仕様、状態等の確認
  • 劣化状況のチェック建物の内部・外部について調査(目視)

現地調査にもとづき、評点を算出して判定。耐震リフォームプランをご提案いたします。

耐震リフォーム剛仮住まいの必要なく、地震に耐える住まいを実現。

耐震ウォール工法

  • 床・天井を壊さずに
    地震力をきちんと基礎まで伝える
    耐震補強
  • 大幅な工事を必要としないため
    解体費や修繕費等のコスト削減

耐震開口フレーム

  • 地震の際に弱点となる開口部
    そのものを地震に強い耐力壁化
  • 壁の配置バランスを気にせず
    自由度の高い居住空間設計が可能
Loading...